ちょっとした気づかいとテクニックで痛みはほとんどなくせます

むし歯治療

歯科が苦手、麻酔注射による痛みが心配という方は多いものです。しかし、むし歯は自然に治ることはなく、放置するとどんどん悪化して治療も大がかりになっていきます。そこで当院では、痛いのが苦手な方にも安心して治療を受けていただけるように、痛みや負担を軽減する工夫を行っています。

また、緊張すると痛みを感じやすいので、お声をかけて緊張をほぐしていただいてから麻酔などの治療を始めるようにしています。当院では、多くの患者さまから「痛くなかった」と言われるほどですので、安心してご来院ください。切削した歯は弱くなりますので、削る部分は最小限に抑え、歯を守ることを重視しています。

【当院の特徴】進行によるむし歯の治療

【う蝕1度】痛みはなく、歯の表面に小さな穴があいている状態C1
歯の表面を覆っているエナメル質がむし歯菌によって溶かされています。歯に小さな穴があいていますが、まだ象牙質に達していないため痛みはありません。患部にフッ素などを用いて再石灰化を促し、様子を見守ります。定期検診でチェックし、進行がみられれば早い段階で最小限の治療をすることができ、重症化させずに済みます。

【う蝕2度】冷たい物や甘い物を食べたときにしみる状態C2
むし歯が象牙質に達しているため、冷たい物や甘い物がしみて歯にさわると痛みを感じます。むし歯の範囲が小さい場合はコンポジットレジンと呼ばれる白い詰め物を、むし歯の範囲が広い場合は麻酔をかけてむし歯の部分を取り除き、詰め物(インレー)を作製して装着します。

【う蝕3度】激しい痛みを感じる状態C3
むし歯菌がエナメル質と象牙質を溶かし、神経まで達した状態です。激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死してしまった場合はウミがでたり、歯ぐきが腫れたりします。麻酔をして壊死した神経やウミを取り除く根管治療を行い、詰め物やかぶせ物(クラウン)を装着します。

【う蝕4度】歯の根だけが残った状態C4
骨の中に埋まっている歯の根っこ部分だけが残り、そこから上の歯の頭部分がなくなってしまっている状態です。根っこが残せる場合は根管治療を行い、かぶせ物を装着します。崩壊が大きいなど、保存が難しい場合は歯を抜くこともあります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております