3ヶ月に1度のメンテナンスでお口すっきり!さらに健康が守れます

予防歯科

美容院やエステサロンに通うように、歯科のメンテナンス(検診とクリーニング)を受けられる方が増えています。メンテナンスを定期的に受けることで、むし歯や歯周病といったトラブルを未然に防げるだけでなく、お口がすっきりと気持ちよくなり、気分もリフレッシュできるからです。もちろん、歯の健康を守ることで、高齢になってからも自分の歯でしっかりと物を食べられることがわかっています。

また、検診を受けていただく中で、歯や口腔の変化やトラブルはもちろん、体調の変化もわかることがあり、お口だけでなく身体の健康も守ることにつながります。当院では、3ヶ月に1度を基本に、お口の中の状態に応じた間隔のメンテナンスをおすすめしています。ぜひ当院のメンテナンスを、歯と心と体の健康維持にお役立てください。

【当院の特徴】充実した予防プログラムをご用意しています

定期メンテナンス(検診とクリーニング)予防プログラム
クリーニングでは、歯肉や歯周ポケットに付着しているプラーク(歯垢)や歯石などを取り除き、歯周病などを予防します。また患者さまに合った歯ブラシの選び方や、正しい磨き方をアドバイスし、今までの磨き癖を改善して汚れを効率的に落とすコツをマスターしていただきます。

エステ感覚のクリーニングもご用意予防プログラム
歯の着色汚れなどが気になる方には、本格的なクリーニングPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)も行っています。専用器具を使い、歯の表面に付着している汚れを徹底的に取り除き、むし歯や歯周病、口臭を防ぎます。接客業や営業職の方にもおすすめのプログラムです。

【妊娠中の方へ】ママと赤ちゃんの歯を守る歯科予防をおすすめします

妊娠中の方へ妊娠中は女性ホルモンのバランスが変化することで、妊娠性歯肉炎や妊娠性歯周炎を起こしやすくなります。また、つわりなどで歯磨きしにくいこともあるため、歯のトラブルのリスクも高くなります。それまで小さかったむし歯が急に大きくなったり、歯ぐきが腫れて出血しやすくなったりするのです。

また、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌です。
多くの場合、育っていく環境の中で、お父さま、お母さま、一緒に生活するご家族のみなさまのお口の中のむし歯菌が赤ちゃんにうつります。ですから、赤ちゃんが生まれる前に、お母さまたちのお口から、むし歯菌をなくしておくことが大切なのです。

妊娠中の方も安心して受診していただけるように配慮しています

妊娠中の方妊娠中期(5〜8ヶ月)であれば、治療を受けていただくことはできます。ただし抜歯は避けています。妊娠初期・妊娠後期はクリーニングのみや、治療が必要な場合は応急処置を行います。また妊娠中は特にインフォームド・コンセント(説明と同意)を重視していますので、不安なことや疑問は何でもご相談していただき、納得し安心して治療を受けてください。

体の不調を感じたら遠慮なくお申し出ください
妊娠中は、急な体位の変換によって立ちくらみを起こしたり、トイレが近くなったり、つわりで嘔吐反射が強くなったりします。当院は全員女性スタッフで、妊娠中の方にも親身に対応させていただきますので、不安や心配なことがあれば遠慮なくお申し出ください。

妊娠中の歯の治療を受ける時に知っておいていただきたいこと
母子手帳 妊娠中の歯の治療には必ず母子健康手帳を持参してください。
レントゲン撮影 基本的には行いません。
救急の場合は防護エプロンを着用し、腹部を遮蔽すればおなかの赤ちゃんへの影響はありません。
治療の体位 おなかの張り具合や個人差によりますが、治療ユニットをあまり倒しすぎず、楽な姿勢で受けられるように配慮しています。
麻酔 歯科麻酔は局部麻酔ですので、通常量の使用では母子ともに影響はありません。
投薬 原則として妊娠中に投薬はしません。ただし痛みがひどい場合、産婦人科の先生と相談したうえで投薬することもあります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております