日本矯正歯科学会 認定医による専門的な矯正治療

矯正治療

歯並びが悪いと見た目が気になるだけでなく、歯磨きがしにくいのでむし歯や歯周病にもなりやすく、また咬み合わせの不具合から顎関節症なども起こりやすくなります。矯正治療は歯並びの見た目をよくするだけでなく、お口や体の健康を守る治療でもあります。

当院では、日本矯正歯科学会認定医の資格を持つ矯正歯科治療を専門に行う歯科医師が、見た目のきれいさだけでなく咬み合わせを整えることも重視しながら、患者さまに合わせた確実な矯正治療を行います。治療中の歯磨きやケアについてもていねいに指導し、矯正治療中のむし歯などのトラブルにも速やかに対応します。いつものかかりつけの歯科で、専門的な矯正治療をご提供することができます。矯正認定医による無料相談も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

セファログラムによる精度の高い診断セファログラム
咬み合わせや矯正治療に力をいれる当院では、セファログラム(頭部X線規格写真)を使って、顔面や頭部のレントゲン写真を撮影して分析・診断を行い、精確な治療計画をご提案します。また矯正治療がスタートした後も、定期的に撮影して骨格の成長の変化や歯の移動を確認しながら、精度の高い治療を行います。

【小児矯正】しっかり咬める、頑張れる子どもを育みます

小児矯正お子さまの不正咬合を治していく小児矯正には「第一期治療」「第二期治療」があります。当院では、女性の矯正認定医がお子さまやお母さまの気持ちに寄り添いながら、無理なく治療を進めていきます。

歯並びの不具合は咬み合わせにも影響します。咬み合わせが安定しない子は、集中力が続かなかったり、勉強やスポーツにも頑張りきれなかったり、という場合もあります。大切なお子さまのよりよい将来のために、最適なタイミングで矯正治療を行うことをおすすめします。

あごの成長に利用して進める第一期治療
第一期は6〜7歳頃から、あごの成長を調整したり、あごの骨を広げたりする治療などを行います。MFT(口腔筋機能トレーニング)も組み合わせ、歯の並び方、骨格などの成長の状態をみながら、必要に応じて装置を変えていきます。矯正がどの段階まで進むかは個人差があり、第一期治療だけで歯並びが整う場合もあります。また、乳歯の反対咬合の場合、幼児期のうちにマウスピース(ムーシールド)による矯正をおすすめします。

歯並びと咬み合わせを完成させる第二期治療
第二期治療は中学生、高校生ぐらいから行い、ワイヤーで歯並びをしっかり整え、最適な咬み合わせを作っていきます。治療にあたってはできるだけ目立たない装置をおすすめしています。第二期治療終了後は、仕上げ治療(保定)を行います。ここで咬み合わせをしっかり完成させておくと、一生きれいに保てる歯並びになります。

無料カウンセリング実施中
最近は、早くに永久歯に生え替わり、歯並びの問題が顕著になるお子さまも珍しくありません。当院では、患者さまがお気軽に相談いただけるよう、矯正治療の無料カウンセリングを承っております。お子様の歯並びが気になる時は、前歯が生え替わる頃にご相談ください。

●小児矯正のメリット
・磨きやすい歯並びになり、むし歯の予防になります
・正しいあごの成長を促すことで永久歯がきれいに生えそろい、顔立ちも整う
・あごの正常な発育が促され、しっかり咬めるようになる
・口の開閉がスムーズになり、歯の隙間もできないので正しく発音できる
・歯のコンプレックスがなくなり、精神的なストレスがなくなる

【成人矯正】目立たない矯正治療で、きれいな歯並びに

成人矯正矯正は大人になっても治療できます。当院では、歯並びを気にされている方に気軽に矯正治療を受けていただけるように、目立たないワイヤー矯正装置や、半透明のクリアブラケットなどもご用意しています。また、単に歯並びを整えるだけでなく咬み合わせを重視し、歯肉(歯ぐき)のラインや歯の見え方のバランスなど審美的な観点も加えた治療を計画します。矯正認定医による無料相談も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

●成人矯正のメリット
・自らの意志で積極的に治療に取り組むため、スムーズに治療が進みやすい
・コンプレックスがなくなり、人前でも自信をもって口を開けられる
・笑顔に自信がもてる
・何でもよく咬めるようになり、消化もよくなる。
・歯の清掃性がよくなり、むし歯や歯周病になりにくくなる
・歯と歯の隙間がなくなり、発音が改善される

【部分矯正】気になるところだけ治します

部分矯正1本だけ飛び出ている出っ歯や八重歯、隙間が空いている前歯の移動、傾いている歯をまっすぐに修正する場合などは、1本〜数本に限定した矯正治療を行う部分矯正も行っています。通常の矯正は多数の歯を動かすため、治療に2〜3年程度の歳月が必要ですが、部分矯正では半年程度で症状を改善できることもあります。全体的な矯正よりも費用も安価ですむため、最近は手軽に治療を受けられる方もいらっしゃいます。加齢により歯並びが悪くなった場合などにもご相談ください。

矯正治療の対象となる不正咬合の種類

八重歯・乱杭歯(叢生)不正咬合の種類
犬歯などが飛び出して他の歯と重なっている状態です。

出っ歯(上顎前突)不正咬合の種類
「単に前歯が出ている」「上あごが大きい」「下あごが小さい」という3タイプがあります。

受け口(下顎前突・反対咬合)不正咬合の種類
上下のあごの成長のバランスが崩れ、しゃくれた顔立ちになる可能性が高まります。

咬み合わせが深すぎる(過蓋咬合/ディープバイト)不正咬合の種類
上下の歯を咬み合わせたときに、上の前歯が下の歯を覆い、まったく見えないようなケースです。最近お子さまに増えており、はっきり喋れなかったり固いものを咬めなかったりします。放置すると顎関節症になる場合もあります。

しっかり噛んでも隙間ができる(開咬)不正咬合の種類
上下の前歯が開いたまま咬み合わすことができない状態です。

すきっ歯(空隙歯列歯)不正咬合の種類
あごに対して歯が小さすぎたり、歯が欠損していたりすることが原因です。舌で前歯を押す癖で生じるケースもあります。

矯正治療費

検査・診断・精密検査・診断費
30,000円

動的処置・基本矯正料金
早期治療:100,000円
1期治療:200,000円~300,000円
2期治療:60,000円
部分矯正:治療により異なります。

・調整費(毎月来院毎)
5,000円

保定期間・保定装置作製費
15,000円

・調整費(毎月来院毎)
3,000円


・小児矯正から成人矯正へ移行した場合、成人矯正費は300,000円~400,000円となります。
・抜歯が必要な場合、抜歯料金は別途5,000円/本頂戴いたします。
・上記料金の他に消費税がかかります事をご了承ください。


カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております