むし歯を作らない、将来を考えた予防に力を入れています

将来を考えた予防赤ちゃんの時から適切な予防を行い、生活習慣に気をつければ、むし歯を予防することはそれほど難しいことではありません。ただお子さまの場合、ご両親やきょうだいの影響を強く受けるので、ご家族で予防に取り組むことが大切です。

当院ではフッ素を塗り、必要に応じてシーラントも行います。シーラントとは、むし歯になる前に歯の溝の深い部分にフッ素入りの樹脂を流し込み、むし歯をしっかり予防する処置です。またお子さまの歯の成長や歯みがきチェックの結果を作成し、お口の健康管理や成長把握に役立てていただきます。

小学生低学年の間は仕上げ磨きをお願いしています
お子さまがいやがる時も歯磨き後のチェックは続けましょう。特に高学年の頃にはむし歯になりやすい12歳臼歯が生えてきますので注意が必要です。そこから先は、ご両親を見習いながら、自主的に歯を守る子になるようにご一緒に見守りましょう。

●お子さまの歯の健康のために心がけたいこと
・食事や間食の時間を決め、糖分を含むものはできるだけ与えない
・糖分を含むジュースやスポーツドリンクを与えない
・食べやすい柔らかい物ばかり与えない
・ご両親やご家族もむし歯を治療しておく
・口うつしを控え、スプーンや箸の共有を避ける

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております