妊娠中の方も安心して受診していただけるように配慮しています

妊娠中の方妊娠中期(5〜8ヶ月)であれば、治療を受けていただくことはできます。ただし抜歯は避けています。妊娠初期・妊娠後期はクリーニングのみや、治療が必要な場合は応急処置を行います。また妊娠中は特にインフォームド・コンセント(説明と同意)を重視していますので、不安なことや疑問は何でもご相談していただき、納得し安心して治療を受けてください。

体の不調を感じたら遠慮なくお申し出ください
妊娠中は、急な体位の変換によって立ちくらみを起こしたり、トイレが近くなったり、つわりで嘔吐反射が強くなったりします。当院は全員女性スタッフで、妊娠中の方にも親身に対応させていただきますので、不安や心配なことがあれば遠慮なくお申し出ください。

妊娠中の歯の治療を受ける時に知っておいていただきたいこと
母子手帳 妊娠中の歯の治療には必ず母子健康手帳を持参してください。
レントゲン撮影 基本的には行いません。
救急の場合は防護エプロンを着用し、腹部を遮蔽すればおなかの赤ちゃんへの影響はありません。
治療の体位 おなかの張り具合や個人差によりますが、治療ユニットをあまり倒しすぎず、楽な姿勢で受けられるように配慮しています。
麻酔 歯科麻酔は局部麻酔ですので、通常量の使用では母子ともに影響はありません。
投薬 原則として妊娠中に投薬はしません。ただし痛みがひどい場合、産婦人科の先生と相談したうえで投薬することもあります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております