金属アレルギー対策としてもメタルフリーをおすすめしています

メタルフリー最近、歯科治療に用いた金属によるアレルギーが増えていると言われます。歯に詰めた金属は時間が経過すると酸化し、金属イオンが溶け出します。この金属イオンに対して免疫反応が起こるとアレルギー症状が現れるのです。すべての方に症状が出るわけではありませんが、保険診療でよく使われる金銀パラジウム合金やニッケルクロム合金は発症リスクが高いことがわかっています。

当院では、金属アレルギーを予防するためにも、安全なセラミックなどを使用したメタルフリー治療をおすすめしています。

有害なアマルガムの除去も行っています
以前、歯の詰め物に使われていた金属(アマルガム)の成分が、神経難病や自己免疫疾患に関わっているという報告もあるため、当院ではアマルガムの除去も慎重に行っています。金属アレルギーが心配な方はぜひご相談ください。

●こんな症状は金属アレルギーの可能性があります
・歯科治療を受けてから調子が悪い
・口内炎が治らない
・手や顔の皮膚トラブルがある
・指輪などの金属製品でかぶれる
・歯ぐきが黒ずんでいる
・最近、お口の中で金属の味がする

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております