« 2017年10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年10月 6日

日本咀嚼学会

先日、医院をお休みにさせていただいて、日本咀嚼学会に参加してきました。
IMG_4340.jpg

8月に受けた健康咀嚼指導士のセミナーに引き続き、とても興味深い学会でした。
IMG_4321.jpg
IMG_4319.jpg
IMG_4318.jpg
食べるということは、全身の健康に、直結します。
しっかり食べるためには、口の中の環境は、とても重要です。
そして何を食べるかも・・

栄養が摂れる食事をすることが大事ですね♪

お昼は、激辛麻婆豆腐を食べました。
栄養面では・・ちょっと見本にはならないですね・・
IMG_4317.jpg
IMG_4316.jpg

近くだったので、途中で、お参りも。
東京大神宮に参拝してきました☆
IMG_4311.jpg


Google +1
2017年8月24日

0歳からの口腔ケア

明日、
8月25日(金)12:00〜13:00、
0歳からの口腔ケア、ハミガキ教室を開催します!

生後6ヶ月ほどで下の前歯が生えてくると思います。
歯が生えたということは、その時点からむし歯予防が必要です。
歯の周りに、汚れが溜まったり、むし歯菌がくっついたり、と始まるからです。

また、最初に生えてくる歯の向きがキレイに並んでない場合、唇の筋肉や舌の発達が悪いことが考えられます。
離乳のタイミングが合っているのか、食材の大きさは合っているのか、食材の種類が噛めないものではないのか、食事をスプーンであげる時に間違ったあげ方をしていないか・・
などなど、理由は本当に様々でそれぞれ違います。

歯医者デビューはいつから?と、良く質問を受けますが、
歯が生えたら、ぜひ受診をオススメします。

噛むということ、食べるということ、を正しく育てることに、
きらり歯科クリニックでは力を入れています!
健康咀嚼指導士が、適切な診断と適切なアドバイスをさせていただきます。

ぜひご相談にいらしてください♪

Google +1
2017年8月23日

食事と栄養

皆さんは、今日1日全部で何を食べたのか、考えたことはありますか?

何気なく、朝、昼、合間に間食して、夜・・と、無意識に1日の食事をやり過ごしていませんか?

食事は、身体に必要な栄養を摂取する重要な機会です。
自分に必要なエネルギーと栄養素をバランス良く摂ることが、とっても大事です。

ただ、食事ごとに、タンパク質・脂質・炭水化物をどれぐらい摂れたのか・・、総カロリーはいくつなのか・・、いちいち計算なんてしていられません。

まずは、ざっくり、バランス良く食べる!そこから始めるのはいかがでしょうか。
栄養があるものを食べる、でもそれが偏ってしまっては何の意味のありません。
バランスが大事です!!

そこで・・

食事バランスガイド.pdf

このように目安を知ることが、なによりの最初の1歩です。

この食事バランスガイドの、軸は、水分です。
水分を補給する時の大事な注意事項!
砂糖が入ってないものを必ず選んでくださいね。
直接糖は100害あって1利なし。砂糖の入ったスポーツドリンクなどは、飲んだ直後の一時的な疲労回復を感じるかもしれませんが、その後の慢性疲労を引き起こします。
むし歯の原因にもなりますしね。
暑くて疲れるのは、糖分摂取量が多いからかもしれませんよ。ぜひご自身の生活を振り返ってみてくださいね。

この時期、汗をたくさんかくので、ミネラルの入った麦茶などがオススメです!

Google +1
2017年8月21日

健康咀嚼指導士認定研修会

IMG_4270.jpg

この土日で、健康咀嚼指導士になるための研修会に参加してきました。

IMG_4271.jpg

土曜日、始まる前の意気込み中の写真・・

IMG_4272.jpg

最後に認定試験があるため、緊張気味です・・


土日の2日間にわたり、非常に中身の濃いとても勉強になる内容でした。
噛む、ということを、再度いろんな側面から考え直すことができました。
食べる、ということも、生きる基本でありますが、さらに深く考えさせられる、そんな研修会でした。

歯を失うことは、その1本が直接命に関わることは、あまりありませんが、
その1本を失うことで、日々の生活の中で失うものは、計り知れない大きさです。
後から取り戻すことができないほど。


その大切さを知っていただくために、
健康咀嚼指導士として、
できる限りの活動と、最大限の歯科診療を、行って参りたいと思っております。

IMG_4274.jpg

IMG_4277.jpg

全員、認定試験に合格し、これからの活動に意気込む写真・・
まだまだたくさんのことを、みんなで勉強していきます!
少しでも多く、患者様に還元できますように。

Google +1
2017年8月20日

アレルギーの原因にも!

牛乳に含まれる乳タンパクは、腸に大きな負担をかけることがわかっています。
腸は人間の免疫を司る中枢器官なので、腸に負担がかかる=免疫機能を狂わせる、ということ。
この結果、アレルギーが起こります。
アトピーによる湿疹や肌のかぶれ、喘息などの症状が、その一つです。

自分がどれだけ牛乳に反応しているか!?それを調べることができます!
IgG検査です!!
指先から少し採取した血液で簡単にわかります。
きらり歯科クリニック津田沼では、IgG検査を随時行っております。
ご興味のある方は、ぜひご相談にいらして下さい。
お待ちしております♪

Google +1
2017年8月19日

牛乳は、骨粗鬆症やむし歯の原因!

カルシウムを多く含むから骨や歯を強くする、というイメージの強い牛乳ですが、実は真逆。

市販の牛乳は、骨に含まれるリンを取り除いてしまい、骨を脆くすることがわかっています。
その結果起こるのが、骨粗鬆症。
アメリカのハーバード大学が10万人近くの男女を対象に対象に行った22年間の調査の結果、同大学の研究チームは、10代で1日にグラス1杯の牛乳を飲むごとに、大腿骨頸部骨折のリスクが9%増加するという衝撃的な発表をしています。

ちなみに、カルシウムの量でいえば、牛乳よりも含有量に優れた食品はたくさんあります。
同じ量の牛乳と比較して、ヒジキは約14倍、ワカメは7倍の量のカルシウムを含んでいます。
骨を強くするため、カルシウムをとるため、
そのために牛乳をとることは誤りです。

歯についても同じことがいえます。
牛乳は、同じメカニズムで歯の組織をボロボロにしてしまうため、むし歯になりやすくなるのです。

骨や歯を強くするなら、牛乳よりはタンパク質を積極的にとりましょう!

Google +1
2017年8月18日

なぜ牛乳が体に良くないのか

牛乳は昔からずっと飲まれてきた健康飲料のようなイメージがありますが、実はこれは誤りなのです。
日本で牛乳が飲まれ始めたのは戦後のこと。
戦後の「日本占領政策」でアメリカが持ち込んだものであり、もともと日本では牛乳を飲む習慣がありません。

牛乳が体に悪い理由
1、骨粗鬆症を起こす
2、乳ガンの原因
3、アレルギー(アトピー、喘息)を起こす
4、心臓病や脳卒中の原因
5、むし歯の原因
6、白内障の原因
7、自閉症や発達障害の原因


興味のある方はぜひ見てみて下さい!

Google +1
2017年7月27日

アレルギーと日本人

アレルギー疾患を訴える人たちは、先進国で著しく増加しています。
日本でも、人口の3分の1を超える人々が、アトピー性皮膚炎・気管支喘息・花粉症・食物アレルギーなどのなんらかのアレルギー疾患に罹っていると言われています。
また、近年、若年者のアレルギー疾患が特に急増していることも大きな問題となっています。

そのアレルギーの1つに、遅延型フードアレルギーがあります。

アレルギーには、遅延型アレルギーと即時型アレルギーとがあり、この2つは全く異なります。
即時型アレルギーとは、食べるとアナフィラキシーショックを引き起こし命に関わる場合もある、IgE抗体が関与する反応の強いアレルギーです。
特に小さいお子さまで、小麦や乳製品・卵などに即時型アレルギーを持っているケースが最近では多いですね。

即時型アレルギーは非常にわかりやすいですが、
それと比べると遅延型アレルギーは気づきにくく、また命に関わる事態にはなりにくいので重要視されていません。

遅延型フードアレルギーは、様々な慢性症状を引き起こします。
身体的症状から精神的症状まで多岐に渡り、それらの症状が複数に起こっている場合もあります。
重度の湿疹、偏頭痛、睡眠障害、鼻づまりなどなど、医科で検査しても原因の特定がされない慢性症状など。

これらの原因不明の湿疹や偏頭痛や睡眠障害などは、命には関わらなくても、日々の生活の妨げになることもありますし、無いにこしたことはありません。

この原因が、遅延型フードアレルギーにある場合があります。

私たちは、毎日食事をします。
そこから生きるためのエネルギーを補充します。
そこに、遅延型アレルギーの食品が入っていたとすると・・・
元気に生きるために食事をしているのに、その食事が体調不良や生活の妨げになってしまっているのです。

遅延型フードアレルギー検査を行うことで、その原因が特定できます。

私も実際に検査してみました。
アレルギーは1つも無く、花粉症もないので、全く自覚症状はありませんでしたが・・
小麦や卵白に強い反応が出ました。
これらのものを食べた時は、気付かないうちにIgG抗体が出て身体は疲労していたんだな・・と思い、それ以来なるべく摂取しないようにしています。

検査結果や項目など、随時ブログでお伝えしていきます。


最後に、参考までに↓

アレルギーになりにくい食生活とは?
・地産地消、旬のものを食べる
・新鮮、良質な食材を選ぶ
・添加物、着色料、農薬などを極力避ける
・カラフルにバラエティよく食べる
・楽しんで食べる♪

添加物を抜くだけでも、身体の免疫力はかなり改善しますよ!


Google +1
2017年7月26日

IgG食物過敏症パネル

きらり歯科クリニック津田沼では、遅延型アレルギー検査を導入いたしました。

遅延型フードアレルギー、食物過敏症とは・・・

摂取した食べ物によって引き起こされる症状に悩まされる人は少なくありません。
すぐに症状が現れるIgE依存型食物アレルギーとは異なり、IgG依存性食物反応による症状は発現までに数時間〜数日間かかることがあります。
症状も倦怠感や体重増加、皮膚発疹、関節痛、頭痛、消化器症状などさまざまです。
食事からの有害食物の除去や、ローテーションさせながら取り入れるといった対策により症状の改善・解消を図ることができます。

Google +1
2017年7月25日

お誕生日会♬

先日、みんなでご飯に行きました!

クリニックからほど近い、津田沼の、焼肉 学一!!!
本当にほんとーーーに美味しかったです。
美味しすぎて感動しました。

IMG_4247.jpg
↑タンの厚みすごい!なのにすごっくやわらかい!

IMG_4249.jpg

IMG_4250.jpg

IMG_4251.jpg

全部美味しい(・∀・)!!!

↓そしてこんなお肉・・初めて食べました・・
IMG_4248.jpg
これまた、厚み、すごい・・
なのに、これは咬むのに歯がいらない!くらいすっごくやわらかい・・とろけます。
表現できないくらい本当に美味しいです・・感動です・・涙が出ます・・


浅野さんのお誕生日ということで・・
IMG_4253.jpg

IMG_4195.jpg

紳士が運んでくれます。
IMG_4192.jpg

主役、この笑顔!
IMG_4198.jpg

喜んでもらえて嬉しいです⭐️
浅野さん、35歳おめでとうございます!

新人2人の歓迎会も兼ねて♬
みんなで↓
IMG_4200.jpg
若いパワーが入って、ベテランパワーと、ますます強力v(。-∀-。)ブィブィ
これからも、楽しく!きらり歯科クリニック津田沼、頑張ります!!!
どうぞよろしくお願いします♡

Google +1

きらり歯科クリニック津田沼
院長 浜野 亜紀子

浜野 亜紀子

医院サイト:
http://www.kirari-dental.com/

はじめまして。きらり歯科クリニック津田沼院長の浜野亜紀子です。
この度、生まれ育った津田沼の地に当クリニックを開院いたしました。地域の皆さまのお口の中からの健康と幸せづくりにお役に立っていきたいと願っています。
祖父母に学んだ津田沼への愛着と、父から学んだ歯科医師としての理念を大切にしながら、小さいお子さまから働き盛り世代の方、高齢の方まで、津田沼の皆さまの健康をサポートする歯科医院として、誠心誠意取り組んでいきたいと考えています。
どうぞ末永く、よろしくお願いいたします。

Google +1